Message from Gunji

郡司 博 

指揮を故山田一雄、故ハンス・レーヴライ ン両氏に師事。
オーケストラ付合唱作品を、各地で数多く指導。東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、旧新星日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団などプロオーケストラの代表的な演奏会でも活躍している。レパートリーはバッハ、ヘンデルから近代、現代のヒンデミット、ブリテン、ウォルトンにまで及び、特にバッハを中心とするオラトリオ指揮者としても活躍。
また、ベートーヴェン『第9交響曲』の合唱指導は日本でも最も多く手がけ、公演数は450回を超えている。その指導力は常に高い評価を受け、松竹映画『俺達の交響曲』のモデルにもなった。また、文化庁派遣講師をつとめ、東北から沖縄まで広範囲に活動し、各地の合唱団に客演指揮者として招かれている。一方NHK主催による合唱コンクール審査員もつとめた。JVC(日本国際ボランティアセンター)主催のベネフィットコンサート『メサイア』演奏会には15年間欠かさず合唱指揮者として参加している。1987年より海外の合唱団との交流にも積極的に取り組み、ドイツ、オーストリア、日本において海外の合唱団と共にこれまでに7回の「日本・ドイツコーラスフェスティバル」を成功させている。またこのほかにもアイルランド、オランダ、イスラエル、アメリカ、韓国など、合唱音楽を通じた文化交流に力を注いでいる。
2001年から「オーケストラとうたうこども合唱団」を組織し、オリジナル作品『こどもたちのための交響歌』、『マタイ受難曲』、『千人の交響曲』に出演させるなど、合唱活動を次世代、こどもたちに継承する活動を継続。2002年には、歌う人と聴く人のための合唱音楽の発信地、NPO法人「おんがくの共同作業場」を設立し、同時に地雷で傷ついたアフガニスタンの子どもたちに車椅子を贈るベネフィットコンサートを毎年開催している。

昨日 21日は日本オペラ振興会のオペラ故中村透の「キジムナー時を翔ける」を観てきました。指揮者は星出豊、 総監督は郡愛子、演出は粟国淳。自然への畏敬の念を失おうとしている現代にあって、自然の神への尊厳と謙虚さを取り戻そうとする"祈り"が全編にながれ、出演者の多くがまだ若い世代でありながら声楽技法・演技共に見事でした。指揮者の星出豊は80歳になろうとする日本オペラ最高の巨匠なのだが、十二分に その役割を果たし継承すべき多くのものを残したと言っていい。演出の粟国は多分に故天才演出家の父の才能を受け継ぎ、苦闘の末それを乗り越えている。重いテーマをものともせず、楽しく感動的舞台であった。お客様の層も若い人が多く、画期的な成功と言っていいだろう。郡さんの音楽監督就任の成果が浸透してきたのか。

2021年初め

2021年01月07日

太古の昔から 生息域として 野生動物の中に 留まっていた ウィルス、開発などと称し忍び込み その生態系を破壊したことから 、新たな 宿主を 人の中に 求めたのがはじまりでした。 私たちの 社会構造や 世界の 様々な不団結が コロナからの猛反撃を受けやすくなっているのだと思います 。人から人への 飛沫感染によって 感染が拡大 することを考えると、対応に過ちがあればあっという間に広がることは明白でした。早い段階での 対応が求められていたのに あまりにも遅きに失した感が あります、 しかも誰も 安易に 希望を語ることはできません 。 昨年からの コンサートの 取り組みから学んだことは 音楽活動の 基本は 作曲者が心血を注ぎ込んだ 楽譜から学び、 作曲者と向かい合い 演奏することでした。そして...

私たちは 2009年 特定非営利特定非営利法人(NPO法人)として 国税庁(国)と後に法改正により東京都(所轄庁)より 認定を受けてはや11年が過ぎました。この間、東日本大震災、熊本地震、またペシャワール会中村先生の殺害、そして今回の新型コロナウイルス感染拡大など、想像だにしなかったことがおこりましたが、それらのことと私たちの音楽合唱とを結びつけなから活動して参りました。それを支えたのは20年前のNPO設立時の思いがありました。一つに古今の作曲者たちが...

このコロナ禍において、三密を回避し不要不急の外出は避けるという指摘で最も影響を受けたひとつに、合唱があげられます。