日本フィルと歌う

立川第九合唱団 2018

初心者練習 募集要項

認定NPO法人おんがくの共同作業場は2018年10月20日(土)たましんRISURUホールに於いて開催される、フレッシュ名曲コンサート 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団「歓喜の第九」公演に参加する合唱団員を募集いたします。

前期(4月~6月)は初心者練習・後期(7月~10月)は経験者と一緒に練習をします。

経験者の募集は5月頃から始まります。しばらくお待ちください。

演奏曲   ベートーヴェン 交響曲第9番 

合唱指導者 郡司 博  渡部智也 他

初心者練習 対象者

      ・『第九』を初めて歌う方

       ・第九を歌った経験があるがブランクがあり基礎から指導を受けたい方

      (※7月から経験者と一緒に練習します)

募 集   ソプラノ・アルト・テノール・バス

      オーディションはありません

練習会場  カンマーザールin立川 (JR立川駅より徒歩10分)[地図

      東京都立川市曙町2-25-1 カクニ第2ビル4F

前期練習  初心者練習 (4月~6月)

      発声法・楽譜の読み方・ドイツ語の発音など基礎から練習を行います

      毎週水曜日 14:00-16:30  全12回予定

      4/4 ・  4/11・  4/18 ・  4/25   5月以降は練習スケジュールをご覧ください。

      (初回は見学できます)

後期練習  10月の本番へ向けての練習 (7月~10月)

      前期に参加した人は終了後7月から引き続き経験者と一緒に練習をします。

      毎週水曜日 ①14:00-16:30 ②18:30-21:00

        土曜日 ③13:30-16:00   ①②③どの練習にも参加できます

      経験者の方は後期練習からの参加となり、受付けは5月からです。

      後期のスケジュールなど詳細は後日お知らせいたします

パート分け 初心者練習最終日(6/27予定)にパート分けを行います。

費 用   ・前期 4月~6月   練習費 10,000円

      ・後期 7月~10月 練習費 12,000円 (後期分は7月納入となります)

      ・30歳以下半額 / 中・高・大学生は練習費無料(登録費1,000円)

      ・練習費納入は2回目以降でお願い致します。

      ・チケット販売のご協力をお願い致します。

楽 譜   カワイ出版 ベートーヴェン『第九』

      ご希望の方は合唱団でまとめて注文いたします。(500円程度)

      申込書に記入してください。

応募方法  事前に準備の都合がありますので、次のいずれかの方法でお申し込みください。

      (1)このホームページにある参加申込フォーム(こちら)から

      (2)所定の申込用紙にご記入の上、下記宛先まで郵送かFAXで。

        申込用紙をご希望の方はメール、電話、FAXでお問合せください。

      (3)認定NPO法人おんがくの共同作業場HPの参加申込フォーム(こちら)から

お問合せ  ◆日本フィルと歌う立川第九合唱団

      〒190-0012東京都立川市曙町2-25-1カクニ第2ビル 3F

      E-mail : freude-machen@tachikawa-chorus.com

      

      ◆認定NPO法人おんがくの共同作業場

      Tel : 042-522-3943  FAX : 042-522-3937 E-mail : npo@gmaweb.net  




4月~6月は初心者向けの練習、7月から経験者と一緒に練習します


『第九』を歌ってみませんか?

クラシック音楽に興味のない人でも、ベートーベン作曲の『第九』歓喜の歌、そうです、あの有名なフレーズを一度は耳にしたことがありませんか?

2018年4月から初心者の方を対象とした『第九』の合唱練習が始まります。『第九』を歌ってみたいと思っている方、ドイツ語で歌うのが初めての方、オーケストラと歌ってみたいと思っている方。

『第九』の指導においては50年の歴史を持つ郡司博と、わかりやすく丁寧な指導で定評のある渡部智也 他の指導で、あなたもきっと歌えるようになります。


2018日本フィルと歌う立川第九


シラーの詩とベートーヴェンの崇高な音楽との出合いである『第九』。日フィルの愛称で親しまれ日本を代表するオーケストラのひとつでもある、日本フィルハーモニー交響楽団と指揮者小林研一郎による、2016年に続く今回の『立川第九』はどんな感動が待っているだろうか。様々な年齢層の多くの市民が合唱付きオーケストラ作品に合唱団員として参加することで、私たちの身近な街に、人々の心に、芸術の種が蒔かれ、その種は根を張り芽吹き、大切に育まれ、慈しむことで、時代を超えてもなお、輝き続けるかけがえのない財産となりはしないだろうか。

オーケストラと共に歌う感動は経験してみないとわからないと思います。このすばらしい体験をひとりでも多くの人と分かち合いたいと願い、『第九』を歌ったことのない方々と経験者と共に本番へ向かって練習を積み重ねていきます。前期は初心者練習・後期は経験者と一緒に、『第九』をきちんと基礎から習うことができるまたとない機会です。

練習では音楽の難しさ、発声やドイツ語、困難なこともあるかもしれませんが、同じ苦難を共に乗り越える経験豊かな仲間がいます。そびえる山の頂からの景色は宝となり、次なる高みを目指してまた登り始めることでしょう。

初めの一歩を私たちと一緒に始めてみませんか。