第九合唱団員募集

(第九経験者の募集です)

公 演

■2021年12月25日(土)18:45開演 新宿文化センター大ホール

 《若手新進演奏家によるオーケストラ&2台ピアノ》

  指 揮:中西亮 

  独 唱:見角悠代  増田弥生  松原陸  大井哲也

  ピアノ:𠮷永哲道 渡部さやか 前田奈央

  オーケストラ:新進若手演奏家たちによるオーケストラ

 ■12/27のキエフ国立フィルハーモニー交響楽団「第九」公演についてのお知らせ

(9月17日更新)

12月27日に予定しておりましたキエフ国立フィルハーモニー交響楽団とのベートーヴェン『交響曲第9番』の演奏会は、コロナ禍においてオーケストラの来日が不可能となったため、公演を取りやめることになりました。

12月25日に新宿文化センターにて予定しているベートーヴェン『第9』公演は予定通り行います)


練 習  通常練習のうち9月中の1回を含む4回以上出席してください。

9/5     [日]     18:15-20:45  カンマーザールin立川4階
9/19   [日]     18:15-20:45  カンマーザールin立川4階
9/20   [月祝] 18:15-20:45  新宿文化センター4階第1会議室
10/10 [日]     18:15-20:45  新宿文化センター小ホール
10/24 [日]     18:15-20:45  カンマーザールin立川4階
10/25 [月]     14:00-16:30  新宿文化センター4階第2会議室
 以降はこちらをご覧ください

指 導:郡司博 渡部智也 小河祐樹

練習費用  10,000円

コンサート制作基金 12,000円

   (後日チケットでお返しいたします。チケット販売にもご協力ください)


★お申込み: ・インターネットでの申込み

       www.gmaweb.net第九団員募集ページより こちら

      ・募集チラシの申込用紙に記入し下記宛てに郵送かFAXで

★お問合せ:カンマーザール 〒190-0012 立川市曙町2-25-1 カクニ第2ビル3F

      kammer@dd.iij4u.or.jp

      FAX:042-522-3937

若手新進演奏家たちとの『第九』

ヴァイオリン 望月ゆり子

 新型コロナウイルスの蔓延により、多くの演奏会はキャンセルに、また人数を抑えるために、小さなオーケストラ編成のプログラムが増えてしまいました。そうなると一番に出番をなくされてしまうのは、私たち若手の演奏家であり、若いうちこそ培うべきである演奏の場や経験がなくなってしまいました。

 ただ、演奏する場が無いことを嘆くだけでは状況は変わりません。なら自分達でその場を作ろうと、現在桐朋女子高等学校音楽科に通う高校生~大学生、卒業して間もない若手を演奏者として起用した公演を行いたいと思い、その旨を合唱指揮者の郡司先生にご相談したところ、12月25日の、元はピアノ2台8手を予定していた第九公演に、若手オーケストラを追加させて頂けることになりました。

 東京藝術大学大学院に在籍しながら、東京音楽大学指揮科助手を務める、素晴らしい指揮者の中西亮さんをはじめとし、現在在京のオーケストラで活躍する管楽器奏者の方々、共に桐朋学園大学でオーケストラの勉強をした弦、打楽器奏者達、今現在桐朋女子高等学校音楽科(共学)に通う音楽家の卵たちと、素晴らしいピアニストとソリストの方々にお力添えをしていただき、活力と熱意に溢れた、新しい形の第九を是非合唱団の皆様と一緒に作らせていただけたら嬉しいです。



望月ゆり子 プロフィール

2歳より母(中島ゆみ子)の手ほどきによりヴァイオリンを始める。今までにヴァイオリンを木野雅之、Eduard・Okoun、Henryk・Kowalskiの各氏に師事。第10回セシリア国際音楽コンクール弦楽部門、第11回同コンクール室内楽部門入賞、彩の国string competition 5thリサイタル・室内楽部門優秀賞受賞。モーツァルテウムサマーアカデミーにてErnst・Kowacic氏に師事。成績優秀者によるスチューデントコンサートに選抜され、好評を博す。その後、ザルツブルグのKardinal-Schwarzeng Haus Domchorsaalでのコンサートと、ザルツブルグ大聖堂のミサに出演。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。「おんがくの共同作業場」による未来派コンサートに度々出演、またオラトリオ・シンフォニカJAPANの一員として、合唱作品の演奏を陰で支えている。

(NPO音場ニュース第148号 記事:若い音楽家たちの活躍2 より転載)

コロナ感染予防対策

オリジナルの〈シンガーシールド〉を使用

(ひとりひとりをビニールシートで飛沫防止するキャビン型の囲いです)

手指消毒、検温してから入室、全員マスク着用して歌唱

練習中は室内の換気を行う

感染予防対策を積極的に行っています

昨年6月から練習及び演奏活動を開始しておりますが、

これまでクラスターは発生しておりません