Message from Gunji

郡司 博 

指揮を故山田一雄、故ハンス・レーヴライ ン両氏に師事。
オーケストラ付合唱作品を、各地で数多く指導。東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、旧新星日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団などプロオーケストラの代表的な演奏会でも活躍している。レパートリーはバッハ、ヘンデルから近代、現代のヒンデミット、ブリテン、ウォルトンにまで及び、特にバッハを中心とするオラトリオ指揮者としても活躍。
また、ベートーヴェン『第9交響曲』の合唱指導は日本でも最も多く手がけ、公演数は450回を超えている。その指導力は常に高い評価を受け、松竹映画『俺達の交響曲』のモデルにもなった。また、文化庁派遣講師をつとめ、東北から沖縄まで広範囲に活動し、各地の合唱団に客演指揮者として招かれている。一方NHK主催による合唱コンクール審査員もつとめた。JVC(日本国際ボランティアセンター)主催のベネフィットコンサート『メサイア』演奏会には15年間欠かさず合唱指揮者として参加している。1987年より海外の合唱団との交流にも積極的に取り組み、ドイツ、オーストリア、日本において海外の合唱団と共にこれまでに7回の「日本・ドイツコーラスフェスティバル」を成功させている。またこのほかにもアイルランド、オランダ、イスラエル、アメリカ、韓国など、合唱音楽を通じた文化交流に力を注いでいる。
2001年から「オーケストラとうたうこども合唱団」を組織し、オリジナル作品『こどもたちのための交響歌』、『マタイ受難曲』、『千人の交響曲』に出演させるなど、合唱活動を次世代、こどもたちに継承する活動を継続。2002年には、歌う人と聴く人のための合唱音楽の発信地、NPO法人「おんがくの共同作業場」を設立し、同時に地雷で傷ついたアフガニスタンの子どもたちに車椅子を贈るベネフィットコンサートを毎年開催している。

あらしのよるに

2021年11月03日

オオカミの ガブとヤギのメイ、それぞれが 仲間の中で 切磋琢磨し お互いが信頼をしながら 友情を深めていく、 上田真樹の 美しくも エネルギー溢れた 音楽、 オーケストラとともに 児童合唱 女声合唱 の合同で歌ってみませんか。

緊急事態宣言解除がまた先延ばしになりましたが、 5月23日 日曜日に開催の演奏会は予定どおり実施することにいたします。

皆様へ

2021年04月27日

5月23日、7月11日のコンサート及び試演会に向けての私たちの取り組み。

「指揮入りの動画を見ながら 練習すると テンポが 掴めて とても練習しやすいです」 と言う ご意見を多くの合唱団員から頂き 、勇気百倍いろいろと 動画を作りました。 コロナ禍の中 練習に参加することも ままならぬ中、少しでも役立てばと思い作りました、 活用していただければ とても嬉しいです。また必要に応じて 動画を活かしながらの 各パートの 練習用も作りますのでお申し出ください。 歌うことは 太古の昔から 私たち人間の 生活に欠かせないものでした 、そしてそれがオーケストラ付き合唱作品を生み出す 原動力にもなりました 。この社会活動の 一つの歩みを止めることなく 皆さんとわずかでも 前に進みたいと思っています 。

昨日 21日は日本オペラ振興会のオペラ故中村透の「キジムナー時を翔ける」を観てきました。指揮者は星出豊、 総監督は郡愛子、演出は粟国淳。自然への畏敬の念を失おうとしている現代にあって、自然の神への尊厳と謙虚さを取り戻そうとする"祈り"が全編にながれ、出演者の多くがまだ若い世代でありながら声楽技法・演技共に見事でした。指揮者の星出豊は80歳になろうとする日本オペラ最高の巨匠なのだが、十二分に その役割を果たし継承すべき多くのものを残したと言っていい。演出の粟国は多分に故天才演出家の父の才能を受け継ぎ、苦闘の末それを乗り越えている。重いテーマをものともせず、楽しく感動的舞台であった。お客様の層も若い人が多く、画期的な成功と言っていいだろう。郡さんの音楽監督就任の成果が浸透してきたのか。